名古屋市中川区にある老人ホーム・介護施設紹介センターです

老人ホーム・介護施設紹介センター「ケアプロ」

介護保険とは

制度について

  • 介護保険制度は、家族負担の軽減を図り介護の問題を社会全体で支え合う仕組みです。
  • 介護が必要になっても、できる限り住み慣れた地域で、自立した日常生活を送れるよう支援します。
  • 介護を必要とする方や家族の選択により、事業者から様々な介護サービスを受けることができます。
  • 一人ひとりが支え合う社会保険方式で運営されます。
運営主体(保険者) 市町村が運営します。
加入する方 介護保険に加入するのは、40歳以上の方です。
第1号被保険者第2号被保険者
全て65歳以上の方40歳以上65歳未満の医療保険に加入している方
保険料額 所得などに応じて15段階の保険料を設定しています。 加入している医療保険の算定方法により決まります。
保険料の納付方法 特別徴収(年金からの差引)と普通徴収{(口座振替)又は納付書による納付}があります。 医療保険の保険料に合わせて介護保険の保険料を納付します。
介護サービスを利用
することができる方
介護や支援が必要と認定された方(病気やけがなど介護や支援が必要となった原因に関わらず、介護サービスの対象となります。) 脳血管疾患や関節リウマチなど、加齢にともなう16種類の病気によって介護や支援が必要と認定された方
介護サービスの内容 居宅サービス、施設サービス、地域密着型サービスが利用できます。
利用者の
負担額
利用者はサービスの費用(介護報酬の額)の1割(一定所得以上は2割)を負担します。また、利用者負担の減額制度があります。
問合せ先 お住まいの区の福祉課介護保険係(または支所区民福祉課福祉係)

介護サービスを受けるには

介護サービスを利用するには、区役所または支所に要介護認定などの申請をし、要支援・要介護の認定を受ける必要があります。

介護サービスの種類

在宅サービス
家庭で利用するサービス訪問介護ホームヘルパーなどが家庭を訪問して、介護や家事の援助をします。
訪問入浴介護浴槽を積んだ入浴車で家庭を訪問して、入浴介護をします。
介護予防訪問入浴介護
訪問看護医師の指示のもとに、看護師などが家庭を訪問して看護や診療の補助を行います。
介護予防訪問看護
訪問リハビリテーション理学療法師や作業療法士が家庭を訪問して、リハビリテーションを行います。
介護予防訪問リハビリテーション
福祉用具貸与車いす、歩行器など福祉用具の貸出を行います。
介護予防福祉用具貸与
日帰りで利用するサービス通所介護(デイサービス)デイサービスセンターなどの施設で、入浴や食事その他の日常生活に必要な介護をします。
通所リハビリテーション(デイケア)施設などで、理学療法士や作業療法士などがリハビリテーションを行います。
介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
短期入所サービス短期入所生活介護短期間、特別養護老人ホームなどの施設に入所していただき、介護をします。
介護予防短期入所生活介護
短期入所療養介護短期間、介護老人保険施設などの施設に入所していただき、医学的管理のもとでの介護をします。
介護予防短期入所療養介護
施設サービス
介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
常に介護が必要で、家庭での介護が困難なねたきりや認知症の方に対し、介護を行う施設です。
※原則、要介護3~5の認定を受けた方が対象です。
※要支援1・2の認定を受けた方は、利用出来ません。
介護老人保健施設比較的病状が安定し、介護や看護を必要とする方に対し、看護、医学的管理のもとで介護やリハビリテーションなどを行う施設です。
※要支援1・2の認定を受けた方は、利用出来ません。
介護療養型医療施設
(療養病床を有するなどの
介護体制が整った病院・診療所)
治療よりも長期にわたる療養が必要な方に対し、看護、医学的管理のもとでの介護、必要な医療などを行う施設です。
※要支援1・2の認定を受けた方は、利用出来ません。
地域密着型サービス
定期巡回・臨時対応型訪問介護看護日中・夜間を通じて、訪問介護と訪問看護が密接に連携しながら、短時間の定期巡回型訪問と随時の対応を行います。
※要支援1・2の認定を受けた方は利用できません。
夜間対応型訪問介護夜間に定期的に巡回して行う訪問介護と、利用者からの連絡を受け必要に応じて随時対応する訪問介護を組み合わせたサービスです。
※要支援1・2の認定を受けた方は利用できません。
地域密着型通所介護定員18人以下の小規模なデイサービスセンターなどの施設で、入浴や食事その他の日常生活に必要な介護をします。
認知症対応型通所介護認知症の高齢者を対象に、デイサービスセンターなどの施設で、入浴や食事その他の日常生活に必要な介護をします。
介護予防認知症対応型通所介護
小規模多機能型居宅介護事業所で入浴や食事その他の日常生活に必要なお世話を行う「通い」のサービスのほか、使用者の状態や希望に応じ、随時「訪問」や「泊まり」のサービスを組み合わせて提供します。
介護予防小規模多機能型居宅介護
看護小規模多機能型居宅介護小規模多機能型居宅介護と訪問看護のサービスを組み合わせて提供します。
※要支援1・2の認定を受けた方は利用できません。
認知症対応型共同生活介護
(認知症高齢者グループホーム)
認知症の方が、小人数で共同生活を営めるよう介護します。
※要支援1の認定を受けた方は利用できません。
介護予防認知症対応型共同生活介護
(認知症高齢者グループホーム)
地域密着型特定施設入居者生活介護定員29人以下の小規模の特定施設において介護などを行うサービスです。
※要支援1・2の認定を受けた方は利用できません。
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護定員29人以下の小規模な特別養護老人ホームです。常に介護が必要で、家庭での介護が困難なねたきりや認知症の方に対し、介護を行います。
※原則、要介護3~5の認定を受けた方が対象です。
※要支援1・2の認定を受けた方は利用できまません。
訪問サービス
予防専門型訪問サービスホームヘルパーなどが家庭を訪問して介護や家事などを行います。
生活支援型訪問サービスNPOや民間事業所などのホームヘルパーに加え、一定の研修修了者などが家庭を訪問して家事などを行います。
地域支えあい型訪問サービス地域の元気な高齢者を中心としたボランティアが、ゴミ出しや電球の交換等の日常のちょっとした困りごとに対する生活支援のサービスを提供します。
通所サービス
予防専門型通所サービスデイサービスセンターなどで、機能訓練や入浴、食事などの介護を行います。
ミニデイ型通所サービスデイサービスセンターなどで、自立した生活を目指し、「介護予防・認知症予防プログラム」による機能訓練等を行います。
運動型通所サービスデイサービスセンターやフィットネスクラブなどで、店頭予防や足腰の筋力を保つための軽い運動や体操等を行います。
生活支援サービス
自立支援型配食サービス栄養改善などを目的として配食サービスを提供し、併せて安否確認を行います。
ケアプロ連絡先 ケアプロ連絡先

介護施設をお探しの方へ

名古屋市にある「老人ホーム・介護施設紹介センター」です。
安心できるホーム選びを老人ホームの専門家の視点からお手伝いいたします。

高齢者介護施設様へ

名古屋市にある「老人ホーム・介護施設紹介センター」です。

■ケアプロ運営会社